森麻季の心美人

森麻季プロフィール

マルとバツ

何を隠そう、私はマルイチです。
こう言うと
いきなり何のカミングアウトかよくわからないかもしれませんが、
これだとどうでしょう?

何を隠そう、私はバツイチです。

お騒がせしたあのことです。
ちなみに隠してもいませんけどね。笑。

マルとバツ

物は言い様だなあと感じます。
一度離婚を経験した人のことをバツイチではなく、マルイチと呼ぶらしいです。

森麻季

「失敗ではなく、勉強!」
なるほど前向き。

人生は勉強、そんな事を様々な人生の諸先輩がおっしゃっていたのを思い出します。

料理 もそうだと思いませんか?
失敗というワードを使ってしまうと、
あなたは料理が下手です、と落第点をつけられてしまっているかのような…。

料理下手、ではなく、料理勉強中!
こう言った方が絶対に前向き。
料理はやればやるほど上手になる!
これは本当だと思います。

例えばまな板で何から切るかとか
味噌汁で使う前に、同じ鍋で先に野菜を茹でてしまおうとか。
要領だって料理の一つ。

調味もさしすせそ、の順番でちゃんとやると味が格段に美味しい。
分子の大きさで中に染み込むスピードが違うんです。
ただの、語呂合わせではないんです。

そうやって【マル】=勉強を繰り返して、 いつか【花マル】になればいいんです。

この料理に関して【マル】を何度繰り返したでしょうか。
最近、完成したレシピがあります。
ラタトゥイユ!
野菜は毎回同じ野菜の味って本来はないんだと思います。
ある時には固かったり、水っぽかったり、逆に個性がしっかりしていたり。
ラタトゥイユはそれらを数種類使って煮込んでいきますから、味は毎回違いました。
個性の強い人たちが集まったクラスはなかなかまとまらない、みたいな。

それが、
砂糖、酢、しょうゆ、というクラスの委員がしっかりまとめてくれる、
というところに行き着きました。
おそらく私にとっての【花マルレシピ】

余り野菜をいれて、
使う野菜の種類を増やしても減らしてもまとまります。
作りたても美味しいけれど、
冷やしてもいいメニュー。
この夏はラタトゥイユで栄養補給、いかがですか?

心が豊かになる道は、きっと美人へ続く道。
昨日より今日、今日より明日、
少しずつ皆さんも私も心が綺麗になりますように。