森麻季の心美人

森麻季プロフィール

食事と身体の変化

身体が変わる時期はこれまでにもありました。
ぽっちゃりしたな、痩せたな…
自覚も想像もつくこれらの変化とは別の経験が今私の中で日々積まれています。

順調にいけば4月末に出産することになりそうです。
妊娠と食生活、人によってだいぶ違いますが
私の身に起こった変化が段階ごとにあるので記録しておこうと思います。

妊娠初期といわれる安定期前は、ある日パイナップルが突然食べたくなったり、
別の日はグレープフルーツだったり。酢昆布が好きだった日もあります。
小学校の給食に出ていた小魚とアーモンドが食べたくなりストックしたことも。
ただ所謂食べづわりの類はほとんどなかったので趣向が変わった程度のもので、
辛い思いをしているプレママさん達には申し訳ないです。
その小さな趣向の変化で言うとフレンチなどのフルコースのご飯は
お腹がいっぱいになりすぎて気持ち悪くなり、
甘いものも求めなくなっていました。
と書いてみて気づいたんですが、私ってば主人に感謝されてもいいかも!
出費が少なくてすんだのでは?!笑
和食、所謂一汁三菜のようなものが
私にとってはガッツポーズレベルに嬉しい食事でした。

森麻季

そして妊娠中期、安定期に入っている今。
フレンチ料理や、食べすぎた日は胃がいつもと違う感じになるので
引き続き気をつけつつ…
あんなにストックしてあった小魚はいつの日か主人のおつまみに変わりました。
先日受けた母親学級で、おでんの昆布は1つにしておいてくださいと言われ、
初期に食べていた酢昆布の量を思い出し冷やっとはしましたが、
気にしすぎも良くないので心に留めておく程度。
ストイックにはなっていない妊婦かもしれません。だってもう食べちゃったし。
刺身も勿論食べますし、むしろ金沢へ新鮮なお魚を食べに旅行に行ったことも。
自然界のものは身体の中できちんと消化され余分なものは排出されると聞いて、
なるほど、と納得。
それより添加物が多いものの方が
よっぽど身体に蓄積されてしまうから注意しよう、
むしろそちらの方が重要なのでは?と思っています。

情報がありふれた社会だからこそ、
どの情報を取捨選択するかも
受取り手が決めていかなければならなくなってきました。
ただ言えるのはずっと食べられてきた日本食は最強コンテンツ!
女に生まれてよかった!そんな流行りの言葉を借りて、
日本に生まれてよかった!

2017年も幕を閉じようとしています。
みなさんにとって素晴らしい2018年になりますように。
今年もありがとうございました。

心が豊かになる道は、きっと美人へ続く道。
昨日より今日、今日より明日、
少しずつ皆さんも私も心が綺麗になりますように。